FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田まこと氏は、『はぐれ刑事純情派』の安浦吉之助刑事が印象的であった。

 皆様、今晩は

 17日に、俳優・藤田まこと氏が「大動脈瘤破裂」という病気で、亡くなってしまった。享年76歳。
 芸能界からも、悲しみの声が、相次いでいる

 藤田まこと氏は、
「決して格好良くはないが、自己の正義感は人一倍強い
 というキャラクターを演じられる事が多かった。『必殺』シリーズの中村主水、『はぐれ刑事純情派』の安浦吉之助刑事(階級:巡査部長)。
 他にも、『京都殺人案内』、『剣客商売』、『スチャラカ社員』、『てなもんや三度笠』などのTVドラマ、『積木くずし』、『劇場版必殺』、『明日への遺言』などの映画があった

 ABC制作の公開放送形式の時代劇風コメディー番組『てなもんや三度笠』では、主人公・あんかけの時次郎という役で、出演されていた。特に、
「おれがこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー
 という、スポンサーと引っかけた台詞は、流行語にもなった

 37年間も続いた、『必殺』シリーズの中村主水は、
「昼は風采の上がらない江戸町奉行所の同心、闇では法で裁けない悪人を闇に葬る剣の達人」
 という、世のサラリーマンの理想像とも言えるキャラクターを見事に演じられていて、人気を呼んでいた。特に高度経済成長期のサラリーマン達の、共感・羨望の対象となっていたのである
『必殺』シリーズの共演者やスタッフなどの間からも、中村主水役の藤田まこと氏の訃報に悲しみの声が相次いでいて、京本正樹氏、菅井きん氏ら共演者が、悲しみのコメントを寄せていた。 

 わたし自身は『はぐれ刑事純情派』の警視庁山手中央警察署刑事課・安浦吉之助刑事(階級:巡査部長)が、大変印象に残る
「強い正義感と人情味あふれるベテラン刑事」
 という、今までに演じた事のなかったキャラクターは、大勢の視聴者に人気があった。この番組は、刑事ドラマによくある、拳銃の携帯や発砲、格闘シーンが殆どなく
「捜査を通じて、犯罪の裏にある人間の弱さ・愚かさを、的確に見抜く」
 というさまが描写されるので、本物の刑事からも人気を得ていたともいう。ドラマもシリーズ化されて、『てなもんや三度笠』のあんかけの時次郎、『必殺』シリーズの中村主水に次ぐ当たり役となった。トランペットの吹奏による、オープニング・テーマも、実に素晴らしい
『はぐれ刑事純情派』の共演者やスタッフなどの間でも、安浦吉之助刑事役の藤田まこと氏の訃報に悲しみの声が相次いでいて、梅宮辰夫氏、小川範子氏、ぼんちおさむ氏、真野あずさ氏ら共演者が、悲しみのコメントを寄せていた

 藤田まこと氏の出演作品が、もう見られないかと思うと、わたしはより一層、『はぐれ刑事純情派』に、愛着を感じるのである

 心より、藤田まこと氏の御冥福をお祈り致します
スポンサーサイト
プロフィール

鷲尾ミサゴ龍輔

Author:鷲尾ミサゴ龍輔
アニメーション『ニルスの不思議な旅』&航空機関係作品&音楽鑑賞&航空機&日本国自衛隊の資料収集が大好きな、東京都民です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。