FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『多摩総合医療センター』・『小児総合医療センター』のオープンに先立った防災訓練が行なわれていた。

 わたしの家の近所にある、東京都立府中病院は、この3月 に『多摩総合医療センター』・『小児総合医療センター』に、生まれ変わるのである。
 多摩地域に於いて、総合的な医療機能を持つ唯一の都立病院として、高度専門医療を提供している東京都立府中病院は、『多摩総合医療センター』として、全面改築・移転する事になったのである
 そして、これまで小児の専門病院・小児精神の専門病院として機能して来た、都立梅ケ丘病院・都立清瀬小児病院・都立八王子小児病院を統合して、都に於ける高度・専門的な医療を提供する、『小児総合医療センター』も並行して、開設する事になった

 わたしの家の前の道路は、東京消防庁府中消防署栄町出張所や東京都立府中病院に近い場所柄であるが故に、救急車が赤色燈を赤々と光らせて、サイレンを高らかに鳴らす「緊急走行」で、よく通っているのである。中には、マイクロバスをベースに改良した、新生児専用の特別な救急車もある
 この3月 に、『多摩総合医療センター』・『小児総合医療センター』が、オープンする事によって、そこに大勢の救急患者が到着する騒々しさは、かなり増えそうなのである。何しろ、『多摩総合医療センター』には、救急患者を乗せた大型ヘリコプターが、1日24時間、いつでも離発着出来るように、屋上ヘリポートが設営されたのである。事実、『多摩総合医療センター』の屋上ヘリポートの吹き流しは、わたしの家や近所からも、良く見える

 今日、『多摩総合医療センター』・『小児総合医療センター』のオープンに先立った防災訓練が行なわれていたのである。この事実は、昨日の外出時に見た、立て看板の告知で知った

 今日、わたしは家の留守番をしていたのであるが、家の真上 で、耳を聾する重々しい轟音が聞こえて来たのは、昼過ぎの事であった。わたしには、それが大型のヘリコプターの飛行音である事が、すぐに分かった()のである

 東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地(広域防災基地)の滑走路を挟んだ東側に隣接している、東京消防庁第8消防方面本部・立川消防署の一角に本部を置く、東京消防庁航空隊に所属する、ヨーロッパ製の大型ヘリコプター、ユーロコプターEC―225LP・シュペルピューマ“ゆりかもめ”がかなりの低高度で、機首直下の2基のフラッド・ライト(着陸進入燈)を眩しく点灯させながら、飛来したのである。上空を何回か周回飛行したその後に、ユーロコプターEC―225LP・シュペルピューマ“ゆりかもめ”は『多摩総合医療センター』の屋上へリポートに着陸したのである。機体全面が鮮烈な真紅に塗装された、ヘリコプターの機首側面には、
「AIR AMBULANCE」(空の救急車)
 という白い文字が、はっきりと見えたのである
 この先代は、西暦2004年(平成16年)に発生した、『新潟県中越地震』で、被災地に急行した、東京消防庁特別救助機動部隊・所謂『ハイパーレスキュー』との「共同作戦」で、土砂崩れで生き埋めになってしまった車輛から、3人の親子を救って、現場から病院に搬送した、AS―332L2・シュペルピューマだったのである

 東京消防庁航空隊のユーロコプターEC―225LP・シュペルピューマ“ゆりかもめ”は暫くの間、屋上ヘリポートでエンジンを作動させて、巨大なメインローターとテールローターを回転させたままで、待機していたのである。家から双眼鏡で見ると、屋上へリポートに降り立っていた大勢の人々の中には、救急隊の人間も混じっていた。
 救急患者は、時と場所と状況を選ばない。軽傷患者もいれば、1分1秒を争う、重傷患者もいるのである。昼間もさる事ながら、夜間でも離発着出来るように訓練しておく事も、大切なのだろう。前述した、救急患者を乗せた、東京消防庁航空隊のヘリコプターや「ドクターヘリ」などが、1日24時間、いつでも離発着出来るように
 やがて、ユーロコプターEC―225LP・シュペルピューマ“ゆりかもめ”は、轟音と共に離陸 して、立川市の東京消防庁航空隊本部に向けて、帰還して行った。

 暫くすると、東京消防庁航空隊のユーロコプターEC―225LP・シュペルピューマ“ゆりかもめ”が再度飛来して、今度は『多摩総合医療センター』の屋上へリポートの真上でホバーリング(空中停止)すると、救急隊の隊員をロープ1本で降下 させる「リペリング」を行なったのである
 火災や水害などの、災害発生時には、ヘリコプターが災害現場の真上でホバーリング(空中停止)して、レスキュー隊員をロープ一本で降下 させる「リペリング」は、TVのニュースや毎年の新春恒例の消防出初式や9月1日(防災の日)の総合防災訓練の会場などで、皆様も御覧になっているだろうと思うのだが、西暦1995年(平成7年)1月17日に発生した『阪神・淡路大震災』の経緯もある事だから、防災訓練であろうとも、「リアリティー」を感じたのは、当然至極なのである

 東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地(広域防災基地)に隣接している、国立病院機構・災害医療センターにも、やはり屋上へリポートが設営されていて、毎年秋 に陸上自衛隊立川駐屯地で開催される『立川防災航空祭』の前には、陸上自衛隊立川駐屯地・東部方面航空隊のUH―1H/Jヘリコプターが、事前訓練で離発着するのも、隣接する『国営昭和記念公園』の「緑の文化ゾーン」から見られるのであるが、それがわたしの家の御近所になると、お話は別なのである。場合によっては、午後9時00分 午前6時00分の間に、1分1秒を争う救急患者を乗せた、東京消防庁航空隊のヘリコプターや「ドクターヘリ」が『多摩総合医療センター』に、飛来する可能性もあるからなのである
 そうなれば、『多摩総合医療センター』の近隣住民は、東京消防庁航空隊のヘリコプターや「ドクターヘリ」のローターやエンジンの轟音で、眠れなかったりする事もあるだろうが、ジェット戦闘機に比べれば、まだましなものだと割り切れば、それで良いのである
 
 騒音公害だ何だとは言えど、万が一の時には、わたし達も、救急車や消防航空隊のヘリコプターのお世話になる可能性もある。しかしながら、皆様は、そういう羽目にはならないように、是非とも気を付けて頂きたい
 わたし達も、それなりの覚悟を決めておくべきなのだろう
スポンサーサイト

『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXが今日、約8年ぶりに再発売された。

 皆様、今晩は

 西暦1980年(昭和55年)の本放送から、今年で丁度、約30周年を迎えた、伝説 の傑作アニメーション『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXが今日、約8年ぶりに再発売されたのである
 日韓共催の『サッカー・ワールドカップ』が開催されたり、日本人がノーベル賞を受賞 した西暦2002年(平成14年)の晩夏から秋 にかけて発売された、初回限定生産版のDVD―BOX(全2巻・各6枚組)を、残念ながら買い逃した という方も、今回のTVシリーズのDVD―BOXの再発売に、胸をときめかせながら、事前に予約をしておいて、再発売の今日、
「やったぞ ついに、購入した
 と、大喜び()されていらっしゃる事であろう

 わたしが、西暦2005年(平成17年)2月11日(建国記念日)に、初回限定生産版のDVD―BOXを新品 で購入した時には、1巻で3万円 もしたのである。現在では、初回限定生産版のDVD―BOXは、秋葉原や中野などの中古市場でも入手出来るようになったのであるが、それでも初回限定生産版のDVD―BOXの値段は、中古市場やオークションでも、めちゃんこ高価 なのである
 店舗によっては、定価の約半額で販売されている事もあるのだが、それでも初回限定生産版のDVD―BOXが、「高嶺の花」 であるという事実に、変わりはない

 今回、久しぶりに再発売された『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXは、廉価版であっても、『ニルスの不思議な旅』のファンの方々にとっては、何よりの宝物になる事であろう
 以前にも書いた ように、わたし達日本人が、宝石のように相当に値の張るものや、高級時計など、相当に価値のあるものを購入する時に、よく言われている、常套文句 というのが、
「清水の舞台から飛び降りた つもりで」
 というものである。しかしながら、今日、再発売された『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXを購入された方々が、清水の舞台どころか、
「遥かなる彼方の高高度からスカイ・ダイビングする」
 という気持ちになって、購入したというのであれば、この作品の大ファンであるわたしとしても、めちゃんこありがたい ものである

 皆様が、高度1万m~3万mを水平飛行するジェット機から、
ジェンティック・ヘルメットを被って、紫外線防護と風圧から両目を保護するゴーグルを装着する
時速200kmの風圧と、マイナス 50度という気温から全身を保護する、上下一体構造の「繋ぎ」となったジャンピング・スーツを着用して、耐寒用グローブを装着して、米軍制式採用の、編み上げ の頑丈な黒革のコンバット・ブーツ を履く
安全性及び操縦性が非常にベストな、四角いスクウェア・タイプのメイン・パラシュートと、リザーブ・パラシュートが一体構造となった、スカイ・ダイビング用の高性能パラシュートを背負う
酸素マスクと酸素ボンベと酸素レギュレーターを装着して、高度計を固定する
 として、完全装備した状態で、水平飛行するジェット機から、スカイ・ダイビングして、そのまま一気に高度1千mまで自由降下、高度1千mに達した瞬間に、背負っているスカイ・ダイビング用の高性能パラシュートを開傘して、立った姿勢のままで、地面にふわりと着地する、HALO(高高度降下低高度開傘)をする、自分自身の雄姿をイメージしながら、『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXを購入して頂ければ、この作品の大ファンであるわたしとしても、幸いである
 これは他人からすれば、かなりオーバーな表現に思われるであろうが、それぐらいの意気込みでないと、とてもではないが『ニルスの不思議な旅』TVシリーズのDVD―BOXは買えないのである。まさしく、「高嶺の花」 というべきものであろう

 来月には、TVシリーズと劇場版が、「デジタルリマスターHD版」となって、CS(キッズステーション)で再放送される()という。「デジタルリマスターHD版」と聞けば、その画質はめちゃんこ良くなっているだろう、と思うのであるが、これほどの素晴らしき傑作アニメーションを、CSだけで再放送するというのは、実に勿体無い事である
 地上波(●●●教育テレビ)でも再放送すれば、もっと良いのである。さぞかし、西暦1980年(昭和55年)の本放送当時からのファンが、大喜び()で御覧になる事であろう。本放送当時の感動を、再燃させながら
『ニルスの不思議な旅』は、初めて見る方 にとっても、久しぶりに見る方にとっても、面白さ・楽しさ・感動・魅力が、ぎっしりと詰まった、まさしく折り紙付きの名作になる事であろう

 わたし自身としては、欲を言えば、A4版で百科事典級()の、『完全設定資料全集』 が欲しいところである
 TVシリーズの本放送当時に発売されていた、様々な書籍 やグッズなどを、余すところなく網羅したものになっていれば、完璧なのである

 何はともあれ、今年・西暦2010年(平成22年)は、本放送から丁度、約30周年を迎えた、伝説 の傑作TVアニメーション『ニルスの不思議な旅』が、静かな「リバイバル・ブーム」になりそうである

今年の『福男』を目指して、一気に西宮神社の参道を本殿まで全力疾走!!

 今年・西暦2010年(平成22年)も、兵庫県西宮市・西宮神社に於いて、『参拝一番乗り』を目指して、西宮神社の境内の参道を全力疾走するという、新春恒例の神事『十日戎開門神事福男選び』が、開催された。これは鎌倉時代から行なわれている、西宮神社恒例の神事で、未明に神職のみで行われる、「十日戎大祭」で浄められた後で、太鼓の合図で各々の家から、走り参りを行なったのが始まりとされている
 今年・西暦2010年の『十日戎開門神事福男選び』に参加した人は、西宮神社の発表で、くじ引きに参加しなかった人を含めると、昨年と同様に、約6000人()もいたのである

 午前6時00分。
 太鼓の音と共に、西宮神社の表大門が開門すると同時に、約6000人の参加者は、一斉に西宮神社の境内に突入して、我先にと、一気に約230メートルの参道を駆け抜けた
 他人より少しでも早く先に進んで、西宮神社の本殿に飛び込んで、今年の『一番福』を手に入れたい という熱い気持ちが、西宮神社の約230メートルの参道に、凄まじいエネルギーとなって集中した。猛烈にダッシュする、先頭集団の後方からやって来た人々もまた、ジョギングのようなものになったとは言えど、力の限り、疾走していたのである

 今年・西暦2010年の『十日戎開門神事福男選び』で、『一番福』を獲得したのは、大阪体育大学の学生であり、陸上部員である
「最高です
 と興奮()しながら
「福男になれる のとなれないのとは、違うので、なれて安心している
 と語ったのである。昨年は抽選落ちであったが、二度目の挑戦で福を掴んだ

『二番福』を獲得したのは、元陸上部員である。彼は大成高校時代に、03年の走幅跳 の高校ランキング8位で、同志社大学時代にも、関西のトップランクにいたという。現在は会社員で、運輸関係の仕事をしながら、休日にはトレーニングに励む日々なのである

『三番福』を獲得したのは、関西大学の学生で、やはり陸上部員である。ハードルが専門で、
「ラストで(福男を)諦めた時に、前の人が転倒して、三番福になれた
 と語ったのである。

 以上 のように、『一番福』、『二番福』、『三番福』を、獲得したのは、全員が現役の陸上部員か元陸上部員だったのではある。『一番福』を獲得した、大阪体育大学の学生は、早い時点で独走を決めたのであるが、それ以降は、かなり激しい争いがあった。

 福男が決定した後、直ちに本殿にて「奉告祭」が行われて、福男達による、鏡開きとなった。西宮神社の境内には「福男」コールが木霊していたのは、印象的だった。今回もまた、素晴らしい神事となったのであるが、福男達は勿論の事、『十日戎開門神事福男選び』に関わった全ての人に、大きな福がある事を、願いたい

 今年で、西暦1980年(昭和55年)の本放送から丁度30周年を迎えた、伝説 の傑作TVアニメーション『ニルスの不思議な旅』TVシリーズ第34話“太陽と氷の精の戦い”の前半・Aパートに於いて、ニルスとキャロットが、太陽 を追いかけて、あたかも高性能なターボ・エンジンを全開にしたF―1レーシング・カーのような勢いで、全力疾走するシーンがある。しかしながら、そのシーンでは、アップテンポ な曲が、流れるのである

 わたしとしては、兵庫県西宮市の西宮神社の神事・『十日戎開門神事福男選び』の映像をTVのワイド番組で見ていて、『ニルスの不思議な旅』のニルスが等身大 の身長で、アニメーションと同一の衣裳になって、『十日戎開門神事福男選び』に参加して、午前6時00分に、西宮神社の表大門が開門すると同時に、前述のアップテンポ な曲に合わせながら、西宮神社の境内に突入して、そのまま一気に西宮神社の約230メートルの参道を、大勢の参加者よりも早く、全力疾走してから本殿に飛び込んで、『一番福』を獲得する という姿を、イメージする事がある
 ニルスが『十日戎開門神事福男選び』に参加して、西宮神社の境内に突入して、一気に約230メートルの参道を、本殿まで全力疾走するには、例の木靴 では、一寸ばかり動きにくい と思うのだから、新品の上等なスニーカーを履けば、ニルスの機動性も少しは良くなる事だろう、と、思うのである

 以前には、『コスプレ』()をして参加する人も多かったのであるが、この『十日戎開門神事福男選び』が、あくまでも『神事』である事を理由に参加者の『コスプレ』()は全面禁止になったのである。しかしながら、ニルスならば、アニメーションと同一の衣裳を着用していても、何の問題も無しに、許可される事であろう

 兵庫県西宮市の西宮神社の神事・『十日戎開門神事福男選び』もまた、参加者にとっても、視聴者にとっても、年に一度の『お楽しみ』なのである

伝説の傑作アニメーション『ニルスの不思議な旅』が、今日で、本放送から約30周年を迎えた。

 西暦1970年代後半の日本のアニメーションには、大空を飛んだり、宇宙を駆け巡ったり する、凄い人間(キャラクター)が、まさしく星の数ほど登場していて、大変に賑やかになっていたのである。時代を、国を超越して、大空を飛ぶ事は、太古の昔からの人類の憧れであり、夢だからなのだろうか

 今から丁度、約30年前の、西暦1980年(昭和55年)1月8日(火曜日)。
 午後19時30分00秒

 この瞬間、総合テレビで、TVアニメーション『ニルスの不思議な旅』が、スタートした。加橋かつみ氏が歌う、軽快で爽やかなオープニング・テーマが流れる、素晴らしいオープニング・アニメーションに、心を躍らせながら、自らの胸をときめかせながら、茶の間に座って、テレビを見ていた、視聴者の方々も、多かった事だろう
 そして、今日・1月8日で、『ニルスの不思議な旅』は、西暦1980年(昭和55年)の本放送から、約30周年を迎えたのである

 北欧のスカンジナビア半島、スウェーデン王国南部・スコーネ地方の、農村に住む百姓の1人息子、ニルス。彼は14歳で長身痩躯、髪は鮮烈な金髪である。食べる事と寝る事が何よりの楽しみで、怠惰で無精で、勉強も家の手伝いも大嫌い。悪戯が大好きで、意地悪で、乱暴で、家で飼育されている動物を苛めたりしていて、学校の友人や近隣の住民からも毛嫌いされて、恐れられている、手の付けられない腕白少年なのである
 春の日曜日の朝。両親が日曜礼拝の為に教会へ出掛けた後、ニルスはふとした事から発見した妖精を、タモ網の一閃で捕まえて、
「魔法が使えるのなら、何か良い物を僕に渡せ
 と、妖精を恐喝したばかりに、妖精の魔法によって、ニルスはハムスターのキャロットと一緒に小さくされてしまったのである。小さくなって、動物達の言葉を解せるようになって驚愕()したのも束の間、ニルスに苛められていた犬や牛や鶏は、
「これまでの仕返しを全部果たしてやるから、覚悟しろ
「我々をいじめたばちが当たったのだ。今度は、我々がお前をたっぷりといじめてやるからな
 と、ニルスに逆襲を開始したものだから、もう大変な騒ぎになってしまったのである。怒った動物達に散々に追いかけられながら、必死に逃げ回るニルスとキャロット。

 丁度その時、若い白鵞鳥のモルテンが、渡り鳥の雁の群れにからかわれて、挑発されて、大空を飛ぶ事に、夢中になっていたのである。
「おい 待て モルテン 飛んで行ってはならないぞ
 ニルスとハムスターのキャロットは、モルテンを制止しようとして、モルテンに捕まった。モルテンはついに、大空に舞い上がった
 アッカ隊長が率いる雁の群れは、遥かなる北の渡り鳥の聖地・ラップランドに向かって、離陸したのである。
 ニルスとキャロットも、モルテンに乗って、アッカ隊長が率いる雁の群れにつきながら、遥かなる北の渡り鳥の聖地・ラップランドに行く事になったのである
 さあ、これから、如何なる不思議な旅が始まるのだろう

 西暦1980年(昭和55年)の本放送の当時には、学習研究社(現:学研ホールディングス)より、『ニルスの不思議な旅・学研のアニメ絵本』が、出版されていたのであるが、その第1巻の巻末には
「この素晴らしい名作をお子様に伝えたい──それが学研の願いです」
「ニルスはきっと、お子様とお母様の忘れられないアイドルになる事でしょう」
 と書かれていたのである。しかしながら、わたし自身にとって、ニルスというキャラクターは、「アイドル」以上に、素晴らしき親友であり、「トップガン」であり、「ベストガイ」なのである
 これはかなり、褒め過ぎだろうか

 こちらも、本放送当時に、立風書房より出版されていた、『ニルスの不思議な旅・完全放映版』第2巻の表紙絵(ニルスとキャロット)が、わたしは大好きである。わたしと同じように、第2巻の表紙絵が大好きだったファンも結構多かった筈であり、この第2巻の表紙絵を参考にしながら、「カッコイイ」ニルスを、自分なりに楽しみながら描いていた、視聴者やファンの方々も、結構多かった事だろう
 西暦1980年(昭和55年)の本放送から約30周年を迎えた現在でも、『ニルスの不思議な旅・完全放映版』を持っている方がいらっしゃれば、是非とも大事にして頂きたい

『ニルスの不思議な旅』のスタッフの中に、押井守氏の名前があるという事は、非常に注目()するべき事なのである。押井守氏は、『機動警察パトレイバー』や『攻殻機動隊』などの監督である
「ニルスの不思議な旅』に関係していた一年間は、非常に幸福な一年間であった」
「テスト撮影まで全部やらせてくれて、様々なテクニックが全部試せて、しかもスケジュールに余裕があるので、100%綺麗な動画付きでアフレコが出来て、ダビングも立ち合わせてくれて、自分が演出した中では、実りの多い作品である」
 と、明瞭に証言されているのだから、押井守氏が、どれほど気合いを入れて、『ニルスの不思議な旅』に取り組んでいたのかが、良く分かる
 そればかりか、押井守氏が、アニメーション制作を担当したスタジオぴえろ(現:ぴえろ)に一番最初に入った時には
「『ニルスの不思議な旅』ならば、是非やりたい
 という決心をされていたのだから、最初から十分に気合いが入っていたのだろう
 この他にも、『ニルスの不思議な旅』のスタッフには、「制作進行」に伊藤和典氏、久保真氏、録音監督に斯波重治氏の名前もあり、この3名は、その後の『機動警察パトレイバー』でも、一緒に仕事をしているのである

 そして、『ニルスの不思議な旅』は、キャスティングも、とにかく凄いのである
 主人公であるニルス役の小山茉美氏、『Dr.スランプ』の則巻アラレ(アラレちゃん)や、『魔法のプリンセス・ミンキーモモ』(空モモ)のミンキーモモや、『あんみつ姫』のあんみつ姫が、あまりにも有名だし、後述する、『うる星やつら』の面堂了子、『レディジョージィ』のキャサリンも演じられている。『ブラックラグーン』のロシアン・マフィア「ホテル・モスクワ」の大幹部・バラライカや、こちらも昨年、放送30周年を迎えた、『機動戦士ガンダム』シリーズでは「1st」のキシリア・ザビ少将を始め、「第08MS小隊」のカレン・ジョシュア曹長、「ガンダムSEED DESTINY」のタリア・グラディス艦長と、重要なキャラクターを好演されている他にも、『報道ステーション』(月曜日・火曜日)や『報道特集NEXT』のナレーションも有名である
 ニルスの父親役の津嘉山正種氏は、様々な洋画の吹き替えで知られている
 ニルスの母親役の池田昌子氏、アニメ・ファンならばどなたも御存知の通り、『銀河鉄道999』のメーテルが、あまりにも有名なのであるが、本作品以外でも、『お~い 龍馬』の坂本幸、『らんま1/2・熱闘編』の早乙女のどかなど、母親役を演じられている事が多い。『エースを狙え」の竜崎麗香や、オードリー・ヘップバーンの吹き替えでも、良く知られている

 ニルスと共に旅をする、鵞鳥のモルテン役の安原義人氏は、『キャッツ・アイ』の内海俊夫、『パーマン』のバードマン、『エリア88』(OVA)の神崎悟、『きこちゃんすまいる』の怪盗ラパン、そして『特攻野郎Aチーム』のフェイスマンの吹き替えなどで、有名である
 第12話“モルテンの初恋”からの参加となる、灰色雁のダンフィン役の滝沢久美子氏は、『風船少女テンプルちゃん』のテンプル・ファーマー、『不思議の海のナディア』のグランディス・グランバァが知られているのだが、『エリア88』(OVA)のジュリオラ・エッティや、『鉄腕アトム』(西暦1980年版)のケン一のような、少年役もこなしている

 雁の群れのサブリーダー、グンナー役の田中秀幸氏は、『白バイ野郎ジョン&パンチ』のジョン役で知られているのだが、現在では、『カードキャプターさくら』の木之元藤隆も知られている
 イングリット役の松島みのり氏は、主題歌も社会的に有名になった、『キャンディ・キャンディ』の主人公、キャンディス・ホワイトが、一番有名なのである。『レディジョージィ』ではキャサリンの母親を、『めぞん一刻』でも管理人の母親を、それぞれ演じられている

「ヤダネー」 が口癖のアウトサイダー・グスタ役の千葉繁氏は、『ニルスの不思議な旅』本放送の翌年・西暦1981年(昭和56年)に放送開始となった、『うる星やつら』のメガネ、『めぞん一刻』の四谷、『機動警察パトレイバー』の斯波繁夫整備士などが、知られている。ギャグキャラクターはこの人、といえるだろう。『ニルスの不思議な旅』が、単なるお堅い教育アニメーションにならない為にも、適度な不協和音を奏で続けるグスタの存在は、重要である
 大食漢でのんびり屋、雁の群れの中では一番の力持ち(自称)・ラッセ役の緒方賢一氏は、古くは『宇宙戦艦ヤマト』シリーズのアナライザーや、『忍者ハットリ君』の獅子丸、『らんま1/2』の早乙女玄馬、『魔法陣グルグル』のキタキタ親父などが、有名である。前述した千葉繁氏との共演作品も多いのだから、両者のアド・リブは視聴者の笑いを誘う

 第29話“囚われの大鷲”から、第39話“後を追わないでゴルゴ”まで登場する、大鷲のゴルゴ役の玄田哲章氏は、何といっても、アーノルド・シュワルツェネッガー(現カリフォルニア州知事)の吹き替えで御馴染みであるが、『機動戦士ガンダム』シリーズでも「1st」のスレッガー・ロウ中尉や、「第08MS小隊」のテリー・サンダースJr軍曹といった、男気溢れるキャラクターを演じられている。この他にも、『Dr.スランプ』のスッパマンや『あんみつ姫』のせんべい、『シティーハンター』、『エンジェル・ハート』では、海坊主を演じられている。そしてこれらの多くは、ニルス役の小山茉美氏との共演作品なのである

 現代でいうところの、「ストーカー」の先駆け()とも言える、狐のレックス役の冨山敬氏は、『宇宙戦艦ヤマト』の古代進、『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー提督、『エリア88』(OVA)のミッキー・サイモン、『特攻野郎Aチーム』のモンキーで有名であった。惜しくも西暦1995年(平成17年)に他界されてしまったが、この人が日本のアニメーションの歴史に残した足跡は、大きいと言えるであろう。この他にも、ゲストキャラクター役の声優の方々には、様々な実力派や、意外な方も、大勢出演されているのである
 こうした実力派のキャスティングが多かったからこそ、キャラクターの会話が、お洒落に思えたという視聴者も、多かったのでは
 何はともあれ、『ニルスの不思議な旅』に関係した人々は、スタッフ、キャスティングに関係なく、誰もが幸せであったといえるだろう

 わたしは、個人的には、ニルスに対して、日本で一番最高位の勲章である『大勲位菊花章頸飾』と、合衆国で一番最高位の勲章である『議会名誉黄金勲章』と、『大統領自由勲章』と、『議会名誉勲章』と、『空軍殊勲十字勲章』、『レジョン・オブ・メリット』、『殊勲飛行十字勲章』を、授与してあげたい
 この事は、アニメキャラクターとしてのニルスのみならず、約1年間にわたって、ニルスを熱演された小山茉美氏に対しても、同様である

 本放送から30周年記念という事で()、わたしが持っている『ニルスの不思議な旅』に関連するものを紹介させて頂くと

偕成社文庫・完訳決定版×全4巻
偕成社カラー版・世界の幼年文学×全1巻

 以上 が、原作 なのである。それ以上 に多いのが、アニメーション関連のDVDや、書籍 なのである

TVシリーズDVD―BOX(初回限定生産版)×全2巻
劇場版DVD×全1巻  
学研アニメ大百科×全2巻
学研のテレビ絵本×全8巻
学研のテレビ絵本・歌の絵本×全2巻
学研のアニメ絵本×5冊(第1巻・第2巻・第3巻・第6巻・第8巻。実際は全8巻)
立風書房・完全放映版×全3巻
朝日ソノラマ・主題歌のソノシート付き×第1巻~第4巻
 以上が、わたしの手持ちのアニメーション関連のDVDと書籍の全てなのである。この他にも

学研名作絵物語×全1巻
学研漫画名作シリーズ全1巻

 以上のように、テレビアニメーションの本放送開始に合わせて出版された、書籍もある。こういう事も、現在でいうところの「メディア・ミックス」の先駆けであると、いえるのだろうか

 アニメーション関連の書籍に関しては、機会がある度に巡っていた、中野区の中野ブロードウェイにある、アニメーション関連の専門店『まんだらけ』で購入したものが多かったのであるが、狐のレックスに勝るとも劣らない「執念深さ」で手に入れたものが多いのは、いうまでもない事なのである
 これほどのDVDや書籍をお持ちの方が、他にもいらっしゃれば、是非とも、わたしのブログで、「意見交換」をさせて頂きたいものである

 わたしのブログは、個人的な趣味をメインとしている記事が多いので、宣伝こそしないものの、24時間オープンになっているのだから、余裕のある方も是非、遊びに来て頂きたい。今年・西暦2010年(平成22年)は、前述の理由もあるのだから、『ニルスの不思議な旅』のファンの方々は、特に大歓迎である

 わたしが最初にも書いたように、伝説の傑作アニメーション『ニルスの不思議な旅』は、西暦1980年(昭和55年)の本放送から、今日で、約30周年を迎えたのだが、本放送を御覧になって感動された方も、BSやCSでの再放送を御覧になって、「新たなる面白さ」を実感された方もさる事ながら、どうか皆様も、これからもずっと、『ニルスの不思議な旅』のファンであって頂きたい と、わたしもファンの1人として、心から願う ものである

西暦2010年(平成22年)、明けまして、おめでとうございます!!

 皆様。

「西暦2010年(平成22年)、明けまして、おめでとう ございます
 そして、
「西暦2010年(平成22年)も、どうぞ宜しくお願い致します

 西暦2010年(平成22年)が、皆様にとって、素晴らしい一年でありますように。
 皆様の御健康と、御多幸を、心の底より、お祈り申し上げます

 わたしも、西暦2010年(平成22年)が明けまして、『三が日』が過ぎましてから、「颯爽」 と、この『 鷲尾ミサゴの不思議な世界 』に、復帰する 事に致しました
 色々とこのブログ で更新 して行くべき事項 も数多くあるのですから

 この『 鷲尾ミサゴの不思議な世界 』も、明るい話題・素敵な話題・楽しい話題で満ち溢れる、素晴らしい1年にして行こう と思います
 また、今年は、わたしの一番大好きな、伝説 の傑作TVアニメーション『ニルスの不思議な旅』が、西暦1980年(昭和55年)の本放送から30周年を迎えたのですから、それに関係する書き込み も、熱くなる事でしょう
 本放送から30周年を迎えた事を記念して、TVシリーズのDVD―BOXも、1月22日に再発売される事になりましたので、『ニルスの不思議な旅』が、30年ぶりに、再び注目される事になるでしょう

 そしてわたしも「キーン」とアクティブに、ポジティブに突進して行ける、素晴らしい1年にして行こう と思っています
 この『 鷲尾ミサゴの不思議な世界 』も、1日24時間オープンになっているのですから、皆様もどうぞお気軽にお越し下さい。前述した、『ニルスの不思議な旅』のファンは、特に大歓迎しております

 それでは、皆様。改めまして、
「今年・西暦2010年(平成22年)も、どうぞ宜しくお願い致します。皆様、元気良く行きましょう
“ZOOM”←(最新鋭 のターボファン・エンジン全開の轟音)
プロフィール

鷲尾ミサゴ龍輔

Author:鷲尾ミサゴ龍輔
アニメーション『ニルスの不思議な旅』&航空機関係作品&音楽鑑賞&航空機&日本国自衛隊の資料収集が大好きな、東京都民です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。