FC2ブログ

膨大に出て来た「使用済み切手」は、ボランティア団体に寄付するのである。

 今日は、「ふみの日」なのである。
 皆様は、各々の家の中に多く溜まっているであろう「使用済み切手」を、どうされているのだろうか。

 わたしは、家の掃除の最中に、ふとした事から「膨大な量の使用済み切手」の山)を、発見したのである 「使用済み切手」が、これほど膨大に出て来るとは、思いもよらなかったのだから、これを有意義かつ有益に使用して貰うべく、新聞の切り抜きで知った、『社団法人・日本キリスト教海外医療協力会』というボランティア組織に、全面的に寄付する事に決定したのである

「膨大な量の使用済み切手」の山は、数え切れないほどあるので、前述 した、『社団法人・日本キリスト教海外医療協力会』というボランティア組織に、寄付すれば、これを有意義かつ有益に使用して頂けるだろう。何しろ、大きな紙袋1つ分はあるのだから、全面的に、然るべき筋に寄付する事にしよう わたしは、そう決定したのである
 既にA4サイズの縦2ツ折り対応・長形1号の大振りの茶封筒も買ってあったのだから、その茶封筒の3枚ほどに「膨大な量の使用済み切手」を分けて入れて、数日前に投函したのである。
 前述 の大きさの茶封筒に「使用済み切手」を沢山入れたので、それなりに、郵送料金はかかったのであるが、手元に多くあった年賀切手も、十分に役に立ってくれた。

 現在では、携帯電話が普及している御時世なのか、公衆電話 を使用する人は滅多にいなくなったのであるがが、わたしは、まだテレホンカード対応の公衆電話 を使用しているのである。携帯電話が、便利なものであるとはいえど、大震災の時に携帯電話を一斉にかけて、その回線がパンクしたり、繋がり難くなったら、一体どうするつもりなのであろうか
 だからこそ、公衆電話 は侮り難いのである。携帯電話以外にも、大震災などの「非常時」に備えて、常に予備のテレホンカードや10円玉を、持ち歩いている のが、最善の策であると見て、良いだろう

 わたしは、前述 の通り、テレホンカード対応の公衆電話 を使用しているが、使用済みになったテレホンカードは全て、府中市内のボランティア団体に、全面的に寄付している
スポンサーサイト



これは決して、手抜きではないのである。

 皆様、今晩は

 いよいよ、暑中お見舞いの受け付けが始まったのであるが、皆様はどういう絵葉書を選んで、書いて、親しい方に宛てて、投函されていらっしゃるのだろうか

 わたしは例年、自分自身で、通常の官製葉書や私製葉書に絵を描いたり、絵葉書などを書いて、様々な方に投函している事が、多かったのである。最近、ふとした事から、わたしの両親が以前に国内旅行に出掛けた 時に買った絵葉書が、多く出て来たのである。これらの絵葉書を有効に活用しない手は無い
 勿論、涼しげな絵葉書の方が「癒し系」のものになるのは間違いないのであるが、かなり「趣味的」()なものも多くなった。しかしながら、これは決して、手抜きではないのである

 わたし自身も、日本国自衛隊の航空祭や、米軍のイベントなどに出掛けた 時に、模擬店で日本国自衛隊の絵葉書を買ったりしたのだから、その絵葉書を、日本国自衛隊の様々な部隊に、『還付』しているのである。F―15J/DJ・イーグル戦闘機の絵葉書もあったし、航空自衛隊唯一の曲芸飛行専門飛行隊『ブルーインパルス』の絵葉書もあったのである

 わたしは、暑中お見舞いの絵葉書を、夏の一番暑くなった日に投函しているのであるが、簡単に電子メール で済ませるよりは、多少の手間は掛かるとは言えど、手書きの絵葉書にする方が、書いて、投函も楽しくなれるものだし、それを受け取る人も、「有難み」が感じられると思うのである

 手紙の遣り取りは、「真心」のキャッチボールだとわたしは思っている

『空へ ―救いの翼―』のコレクターズ・エディションDVDを購入した!!

 今日、わたしは昨年・西暦2008年12月13日に公開された映画『空へ ―救いの翼―』のDVDを、或る家電量販店で購入したのである。わたしは、これを良い機会だ とばかりに()少し張り込んで、コレクターズ・エディションにしたのである

 何といっても、コレクターズ・エディションには、映画のメイキング映像などを収録した特典DVDが付属しているのだから、通常版よりも少しばかり高価であろうとも、マニアック()な人間にしてみれば、コレクターズ・エディションの方が、良いのである。もっとも、『空へ ―救いの翼―』の
コレクターズ・エディションの発売は、今年の4月24日だったのであるが
 或る家電量販店のポイントカードのポイントが溜まったので、それを有効に活用出来る時が来た という事になる。そして、或る家電量販店のポイントカードによる、約10%の割り引きもあったのだから、定価よりも、安く購入出来たのである

 これは、映画『空へ ―救いの翼―』の公開初日の昨年12月13日(土曜日)にも書いた 事であるが、もう一度、ここで書いて みる事にしよう

 映画『空へ ―救いの翼―』は、嘗て自分の母親を救った 、航空自衛隊・航空救難団に憧れて、女性初の、UH―60J高性能救難ヘリコプターの新人 パイロットとなった、川島遥風三等空尉(演:高山侑子氏)の活躍 を描いた、航空映画なのである。
 そしてまた、映画の全編を通して、「命の尊さ」をテーマにしているという事にも、非常に大きな意味があるといえる。
『湾岸戦争』が勃発する前の西暦1991年1月に、正月映画として公開された、『ベストガイ』が、F―15J/DJ・イーグル戦闘機の映画であるのならば、今回の『空へ ―救いの翼―』は、UH―60高性能救難ヘリコプターと、U―125A捜索救難機の映画なのである

 映画『空へ ―救いの翼―』の内容は前述 したように、その公開初日の12月13日に昭島市の映画館に見に出掛けた 通りなのであるが、F―15J/DJ・イーグル戦闘機がメインとなる映画『ベストガイ』とは一味違う、「ヘリコプター」ならではの、迫力あるシーンが堪能出来る。西暦1983年に公開された、映画『ブルーサンダー』ほどではないのだが、ヘリコプターはまさしく、生き物のようなものである
 ヘリコプターのターボシャフト・エンジンが力強く動き出し、メインローターとテールローターが回転し始めるのを航空祭で見ていると、わたしはあたかも「命の鼓動」のようなものを感じて、とてもワクワクするのである。UH―60J高性能救難ヘリコプターであれば、なおの事、それが一層強く感じられる

 主人公の川島遥風三等空尉を演じられた、当の高山侑子氏は、わたしがコレクターズ・エディションを購入した事は勿論、知る由もないだろうが
「都道府県警察や消防 、海上保安庁のレスキュー部隊でさえも救出出来なければ、もはや他に手のない“最後の砦”」
 とも言われる、航空自衛隊・航空支援集団・航空救難団の大活躍 をしっかりと見ている という人もいる事を、当の高山侑子氏に実感して頂ければ、もうそれで十分であろう

 事実、最近の航空自衛隊では、映画『空へ ―救いの翼―』にも登場する、F―15J/DJ・イーグルなどの戦闘機パイロットよりも、U―125A捜索救難機や、UH―60J高性能救難ヘリコプターのパイロットを「最初から」志望する 人も多いと聞いている。冷戦時代には、航空自衛隊のパイロットは、誰もが、F―4EJ・ファントムやF―15J/DJ・イーグルなどの、戦闘機パイロットになりたがっていたのである
 ところが、冷戦が終結した西暦1990年代になると、PKO(平和維持活動)にも、日本国自衛隊が参加し始めるようになり、PKO以外にも、ザイールやホンジュラスやイラクなど、海外派遣が次第に広まるにつれて、C―130H・ハーキュリーズ大型輸送機のパイロットを、「最初から」志望する 人が、増えて来るようになったのである。それこそ、「航空自衛隊を代表して」という事なのであろうか

『阪神・淡路大震災』や『新潟県中越地震』では、各基地から被災地に救援物資をピストン空輸する、三沢・入間・春日の、各基地のヘリコプター空輸隊所属の、CH―47J/JA・チヌーク大型輸送ヘリコプターや、足腰の弱い高齢者や傷病者、被災者を、被災地から病院などに後送する、各救難隊所属のKV―107救難ヘリコプターや、UH―60J高性能救難ヘリコプターの活躍 がめちゃんこ目立っていたのであるが、TVのニュースや、ドキュメンタリー番組の特集で、そうしたニュースが取り上げられて来る時代になると、前述 の輸送機パイロットと同じように、今度はU―125A捜索救難機やUH―60J救難ヘリコプターのパイロットを「最初から」志望する 人が、増えたのである。こうした事もまた、時代の変遷である、と言えるのだろうか

『新潟県中越地震』では、主人公の川島遥風三等空尉を演じられた、当の高山侑子氏の父上(西暦2005年、MU―2の墜落事故で殉職)が嘗て所属していた新潟救難隊の救難員(メディック)が、足を怪我したらしい被災者を背負いながら、待機している新潟救難隊のヘリコプターまで、一気に全力疾走するシーンもあったのだが、このシーンは、今でも忘れられない
 返事は来なかったのであるが、わたしは当時、新潟救難隊の隊長にTVアニメーション『ニルスの不思議な旅』のニルスが、引き締まった表情で、救難ヘリコプターのパイロット・スーツを着用して、航空ヘルメットを抱えた姿の年賀状を、お送りした事もある
 その当時、百里救難隊の隊長にも、同じような年賀状をお送りしたところ、こちらの方では、
「綺麗な絵の年賀状を頂き、ありがとうございました」
 というお手紙を頂いたので、わたしは嬉しかった

 航空自衛隊・航空支援集団・航空救難団小松救難隊と、UH―60J高性能救難ヘリコプターとU―125A捜索救難機、そしてH―60シリーズの一種である、海上自衛隊のSH―60K哨戒ヘリコプターが競演して、大活躍 する、映画『空へ ―救いの翼―』のコレクターズ・エディションは、前述 したように、我が国の空と、平和と、安全を守るF―15J/DJ・イーグル戦闘機が主体となる映画『ベストガイ』のDVDと同様に、航空祭に出掛ける 前に、気合い を入れる為に見るのも良いものだし、航空祭の終了後に帰宅してから、それを総括する意味で見ても、良いものであろう

 勿論、映画『空へ ―救いの翼―』のコレクターズ・エディションを見て、映画の感動と興奮を、そのまま模型の世界へ持ち込んで 、UH―60J高性能救難ヘリコプターのプラモデルを組み立てる、という人がいても、何の不思議もないのである。

購入したばかりの、最新型の全自動式の洗濯機に、悪戦苦闘している。

 今回は、珍しく1日遅れ の書き込み になるのであるが、昨日はわたしの家で、最新型 の全自動式の洗濯機を購入したものだから、色々と大変だった のである

 実を言えば、わたしの家でこれまで使用し続けていた、旧来の2槽式の洗濯機―これは西暦1988年(昭和63年)の製造なのである―が昨日、とうとう限界 を迎えてしまったのである 。それでも、製造された西暦1988年(昭和63年)に購入して以来、今日に至るまで、実に約20年間()も使用し続けて来たのだから、旧来の2槽式の洗濯機にも、
「この20年間、本当に御苦労だった
 と、素直に言っておこう

 わたしの家で、これまで使用し続けていた、旧来の2槽式の洗濯機が、とうとう限界 を迎えてしまった昨日は、洗濯物も、かなり溜まっていたのだから 、すぐにでも最新型 の洗濯機が必要である という事は、良く分かった のである。わたしの家族が、PC で検索してみた ところでは、旧来の2槽式の洗濯機は、家電量販店の店頭販売どころか、家電メーカーでさえも、
『在庫無し
 という結果であったのは、まことに残念至極 であった。

 そして、この結果として、旧来の2槽式の洗濯機から、「一番安い」最新型 の全自動式の洗濯機に、買い替える事に決定したのである 。夕方遅くになって、わたしの家族が最寄りの家電量販店で購入した、最新型 の全自動式の洗濯機は、トラックで運ばれて来て、2名の配送員によって、設置の工事が完了したのである。それと入れ違いに、2名の配送員に運び出されて行く、旧来の2槽式の洗濯機の最後の姿を、わたしは敬礼しながら、見送ったのである。
「この20年間、本当に御苦労だった

 人によっては、旧来の2槽式の洗濯機の方が、洗濯物を白物・色物と、仕分け出来るから、洗う効率が良い という方も、そこそこはいらっしゃる事であろう。しかしながら、昨日の夕方遅くになって、わたしの家族が最寄りの家電量販店で購入した、最新型 の全自動式の洗濯機を、わたしの家までトラックで運んで来た、家電量販店の配送員のお話 を聞いたところによれば、旧来の2槽式の洗濯機を使用している家庭は、全体の3%、特に高齢者の割合が多い、という事なのであった
 そしてまた、現在の多くの家庭に於いては、全ての洗濯物を、「一緒くた」に全自動式の洗濯機で洗ってしまうという事が多い とも聞かされたのである

 だが、わたし自身に言わせれば、それは非常に、「汚らわしい」事なのである。つい先日まで、わたしの家で、旧来の2槽式の洗濯機を使用していた時には、洗濯物を白物・色物と、仕分けしながら、
『洗濯 脱水 すすぎ 脱水』
 とやっていたのであるが、全部の洗濯物を、「一緒くた」に全自動式の洗濯機で洗ってしまうのは、許し難い事なのである

 わたしの母親は、今日に至るまで、ずっと旧来の2槽式の洗濯機しか使っていなかったせいもあるのだから(メカニックには強くない)、今回のような全自動式の洗濯機は初めてなので、使い勝手が今一つ分からないのである。最初のうちは、『標準モード』でやっていたものだから、
『洗濯 すすぎ 注水 脱水』
 の全てが終わるまでに、1時間もかかってしまったので、「まだるっこしい」と母親は言ったのである。その為に、いちいち呼び出されてしまったので、わたしはPC にも腰を据えて取り掛かれなかったのである。
 その為、マニュアル(取扱説明書) は、常に最新型 の全自動式の洗濯機のそばに、置いておく事になったのである。

 しかしながら、わたしに言わせれば、旧来の2槽式の洗濯機から最新型 の全自動式の洗濯機に買い換えるのは、飛行機に例えてみれば、それこそ、第2次世界大戦当時の零式艦上戦闘機(零戦)からいきなり、最新鋭 のF―22・ラプター戦闘機に機種転換するようなものだ という事なのであろうか。暴論もいいところであろうか
 
 今とあっては、極力早めに、買ったばかりの最新型 の全自動式の洗濯機に馴染んで行くよりも他に致し方が無い事なのであるが、それでも近隣に在住する、母親の知己の家庭に於いては、その多くが、全自動式の洗濯機を使用しているのだから、その知己にお話 を聞いてみるのも、最新型 の全自動式の洗濯機に馴染んで行く手段の、一つなのであろう。わたしも、最新型 の全自動式の洗濯機を、使用してみるか。

 とは言えど、東京の下町では、旧来の2槽式の洗濯機に馴染んでいる人も多いだろうとわたしは思うのである

『パッヘルベルのカノン』のCDも買って、もう『100%シリーズ』尽くしなのである。

 皆様、今晩は

 わたしの住んでいる東京都府中市は、昨日の午後から、ひどい雨になってしまったのであるが、昨日は、5月31日。5月の最終日曜日なのである。5月の最終日曜日には、わたしの住んでいる府中市の東京競馬場 で、一年に一度の『ダービー』 が開催されるのである
 わたしが出掛けた時には、東京競馬場 に通じる府中街道は、さほど混雑してはいなかったのであるが、一年に一度、5月の最終日曜日に開催される『ダービー』 に、大金を賭けて、勝利する人も、敗北する人も、まさに人それぞれなのである
 JR武蔵野線とJR南武線が交わる府中本町駅と、京王線府中駅と、京王線府中競馬正門前駅は、競馬開催日になると、東京競馬場 に向かう大勢の人々で、賑わうのである。

 わたしは昨日の午前中に、所用で市街地に愛用の自転車で出掛けた折、府中市役所のすぐ近くの古書店 に立ち寄った際に、店内の一角の、CDやDVDのコーナーのスチール・ラックにずらりと並んでいた、多くのCDの中に、『カノン100%―パッヘルベルのカノンによる天然果汁詰合せ』というCDがあるのに、気が付いたのであった。これは、『パッヘルベルのカノン』のみを収録したCDで、わたしが先日も書いた 、『G線上のアリア』と同じように、TVのCMにも使用されている、非常に有名な曲なのである
 わたしは、『カノン100%―パッヘルベルのカノンによる天然果汁詰合せ』のCDを、すぐに買ったのである。丁度、その古書店 のポイントカードのポイントも十分溜まっていたのだから、それを有効に活用出来る時が来た という事なのであろうか

 わたしがこれまでに買った、BMGジャパンの『100%シリーズ』のCDは、『G線上のアリア100%』、その第2弾となる『G線上のアリア100% ROSSO』、『ジュピター100%』なのであるが、これで4種類の『100%シリーズ』のCDが揃った事になる。まさしく『100%シリーズ』尽くしであり、名曲揃いなのである
『カノン100%―パッヘルベルのカノンによる天然果汁詰合せ』は、心に余裕のある時に、じっくりと鑑賞 してみよう

 最初に、クラシカル・トランスのCDを鑑賞 してから、原曲のCDにフィードバック するというのも、良いものであろう。そうする事によって、改めて、名曲の素晴らしさを、実感させてくれるのである
 そういえば、『ジュピター』は歌手の平原綾香氏のデビュー曲であり、西暦2004年(平成16年)に発生した『新潟県中越地震』の被災者 を勇気付けるとして、新潟県内のラジオ局に多くのリクエストが相次いだ事も、記憶に新しい 。この『ジュピター』はクラシカル・トランスのCDにも収録されていて、時間は短いのであるが、「ノリ」が良い調子にアレンジされているのだから、親しみ易いになっている。勿論、原曲も良い

 クラシック音楽に夢中になっているわたしにとっては、こうしたCDが発売されている事も、嬉しいものである
プロフィール

鷲尾ミサゴ龍輔

Author:鷲尾ミサゴ龍輔
アニメーション『ニルスの不思議な旅』&航空機関係作品&音楽鑑賞&航空機&日本国自衛隊の資料収集が大好きな、東京都民です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR